政治実績 -明石市長・兵庫県議会議員の実績-

akashi

1 市民夏まつり事故と砂浜陥没事故への対応

2001年7月21日、市民夏祭り会場で起きた明石歩道橋事故。同年12月30日、大蔵海岸で、当時4歳の女児が、砂浜陥没により死亡した明石砂浜陥没事故。痛ましい両事故に対して、市長就任後すぐに両事故の遺族らと面会し、市民を守る市長として最も大切な職務として、事故の原因究明と再発防止に取り組んだ。2期目も両事故を「市長としての原点」とし、まちづくりの基本に事故の反省と教訓を据えた。
市民まつりについては、復活を望む市民の声も踏まえ、事故再発防止の決意を示す意味も込め2004年より再開した。事故以前は花火大会をメーンイベントとして、行政主体で行われてきたが、再開後は地域資源を掘り起こす「市民主導型」への転換を掲げ、催しは民間の実行委員会、安全対策は行政という分担で実施した。
事故以来閉鎖されていた大蔵海岸砂浜は改修工事を行い、安全確認調査、管理を十分に行なう事で2006年に再開し、こども達が楽しく安全に遊べる大蔵海岸こども広場もオープンさせた。

2 安全安心の推進

こども 地域 安全 元気 をキーワードに、市民に最も身近な基礎自治体として、市民に寄り添った安全安心の施策を進めた。全小学生には防犯ブザーを配布。交通事故や不審者から児童を守る役割を担う地域住民によるスクールガードを導入し、学校、幼稚園、保育所の警備の強化を図った。
その他にも、災害に備えての防災訓練の強化、消防署二見分署に救急隊を増隊。また現在では設置が常識となっているが、全国に先駆け公共施設にAED(自動体外式除細動器)の設置を推進した。

3 地域の元気アップ

  1. 音楽のあふれるまちづくり
  2. 明石海峡クルーズの実施
  3. のじぎく兵庫国体の開催
  4. 中心市街地の活性化(春旬祭)
  5. 商店街振興のために
  6. 明石タコ検定
  7. ウミガメの保護活動
  8. 山のまち・養父市との交流
  9. 神戸学院大学との連携協力
  10. 国際交流の推進(米国バレホ市・中国無錫市)

4 コミュニティの再構築

  1. タウン・ミーティングの開催
  2. みんなで学校園を美しくする運動
  3. 学校園芝生化
    (再掲)・スクールガード

5 教育・福祉の充実

市役所1階に無料の一時保育ルームを開設した。保育士が常駐した庁舎内の一時預かりは、県内初のサービス。

  1. ファミリーサポートセンターの開設
  2. 子育て支援センターの開設
  3. 乳幼児医療費助成の拡充
  4. 全公立保育所で延長保育の実施
  5. こども基金の創設
  6. 障害児タイムケア事業の実施
  7. のびのびランドの充実
  8. 元気高齢者いきいき活躍大作戦の展開
  9. シルバータウン・ミーティングの開催
  10. 地域福祉計画の策定
  11. 高校入試総合選抜制度の検証
  12. 特別教育指導員と生徒指導補助員の増員
  13. 少人数学級への取り組み(スタート・フォロー事業の実施)
  14. 米飯給食の推進

6 将来を見据えた都市基盤整備

  1. コミュニティバスの本格運行
  2. 福田大窪線の供用開始
  3. 明石駅前線(銀座通り)のリニューアル
  4. JR土山駅の橋上化
  5. 山陽電鉄西二見駅オープン
  6. 東仲ノ町地区市街地再開発事業の清算へ

7 より利用しやすく、親しみのある市役所に

  1. 明石駅市民サービスコーナーを土日夜間も開設
  2. 福祉窓口の一元化
  3. 総合案内窓口の設置(接遇向上のため)
ページ上部へ戻る